タグ別アーカイブ: レーシックとコンタクトレンズ

レーシックとコンタクトと老眼



レーシックとコンタクトのどちらにするか迷っている人に老眼の人も多くなっているのではないでしょうか?

老眼は老視といって、目の調節力が年齢とともに弱くなることから起こります。

症状としては、しっかりと遠方視力を矯正してしまうと、近くにピントを合わせることができなくなるんです。

こういった場合でも、近視の人なら、遠方用のメガネをはずすと近くが見えます。こういった人がレーシックを受けて遠方視力が1.2になってしまうと近くを見るときには俗に言う老眼鏡が必要になるのです。

せっかく遠くが見えるようになっても近くが見えづらくなってしまっては、老眼鏡が必要になるため煩わしさは変わらない可能性があります。こんな時には施術後にどういった状況になるのかしっかりとレクチャーを受けてください。

また、5年後10年後その先にどういった状況になって、どんな視力補正を追加しなければならないかもしっかりと聞いておくとよいでしょう。

レーシックはレーザーで角膜を焼いて変形させ、角膜の屈折率を変える施術です。老眼の原因となる調節力の低下は、水晶体や毛様体筋という角膜よりもさらに奥の部分が司っていますので、レーシックではどうにもなりません。

ようするに筋力低下です。サッカー選手や野球選手に50歳以上がいないように、眼も残念ながら老化には勝てないんです。頼りになるのはブルーベリーかもしれません(笑)

話題に上げたついでに言いますが、ブルーベリーに視力回復効果があるとか目にいいとかいうのは、おまじないのひとつだと思ってください。もしそれが真実なら、眼科の薬にブルーベリー系のものがあるはずですが、実際にはありません。信じるものは救われるので、おまじないに乗っかるのもいいかもしれませんが(笑)