サイトマップ

 

こんにちは!コンタクトレンズ.com ( http://xn--u9j1gla2c5b5q.com/ ) の運営責任者です。

現在は現場を離れていますが、かつて約10年間ほど、コンタクトレンズの現場で臨床治験や教育などをやっていました。今回、現場で培った経験と知識を生かしてこのサイトを立ち上げることとなりました。

ハードコンタクトレンズが主力だったころにくらべて、現在のソフトコンタクトレンズ主体の昨今は、フィッティングする側の技術力は必要がなくなってきているように思います。

老視(老眼)用のコンタクトレンズなどでは、新たな知識と経験が必要になってきていますが、レーシックの普及により、視力矯正の主戦場が別のところに移っていきつつあります。

けれども、レーシックのように、一度施術を受けると元に戻らないものよりコンタクトレンズのほうが安心という人も多く、まだまだ需要があります。また、カラコンのようにファッション性の高いものが普及していき、逆に需要が高まっているシーンもあります。

そんなコンタクトレンズについて、可能な限り説明していきたいと思います。

カラコンって安全なの?ではカラーコンタクトにかぎらず失明の危険性など全般的なコンタクトレンズに関する疑問を解説していきます!