コンタクトと度の関係



ディスポーザブル1DAYタイプのコンタクトレンズを購入したことある人は-3.25というようなマイナスで表された数字を見たことがあると思います。

これは度数といって、D(ディオプトリー)という単位で表されます。

詳しくはコンタクトと度というサイトが詳しく説明されていますので、参考にしてみてください。

簡単に話すと、符号がマイナスの場合は近視で、プラスの場合は遠視です。

ご存知とは思いますが、日本人にはあまりプラスの人はいません。
かなり珍しいと言っても過言ではありません。
ですので、近視のマイナスを基準にはなしをします。

符号の後の数値ですが、数字が大きくなればなるほど近視が強いことを表します。たとえば、-3.25よりは-6.50のほうがより近視が強いのです。
この数字は0.25ピッチです。

-3.00まではそう強くない近視で、俗に軽度近視といいます。
-5.75までは中度、それ以上を強度といいますが、あくまでも目安です。

さて、この数値と視力ですが、完全な比例関係というわけではありません。
といっても、だいたい比例はしています。
完全でない理由は、機能として見る能力があっても、たとえば、老人がなる白内障のように、透明な部分が白く濁ったりすると、すりガラス越しにものを見るような状態になるので、必然的に視力は低下します。

その他の部位の異常などもありますので、数値的に±0.00という検査結果が出たとしても、1.5や2.0が見えるというわけではありません。
ちなみに、±0.00はあくまでも理論値です。
近視も乱視も0だった人に、過去に一度もお目にかかったことはありません。