コンタクトと乱視4 不正乱視



コンタクト、とくにソフトコンタクトレンズの非適応になるのが不正乱視です。

不正乱視とは、なめらかなカーブでできた乱視ではなく、角膜の表面が凸凹した乱視です。

 「わたし、不正乱視かも。どうしよう!」

とご心配の方、ご安心ください。

不正乱視の場合には幼少の頃から視覚異常が現れるため、大きく成長したあとに気づくということは殆どといってありません。

不正乱視の場合にはハードコンタクトレンズが適応となります。ハードレンズの場合にはレンズと角膜の間に涙液がたまるため、不正部分を打ち消してくれ、ひとつのレンズとして働いてくれます。

ソフトレンズの場合には、凸凹した角膜の表面に沿ってしまうので、視力矯正ができません。これについては乱視用コンタクトレンズも同様の事がいえます。

ハードコンタクトレンズの適応といっても、デコボコの度合いによっては、瞬きの衝撃ではずれることもあるため、トライアンドエラーにより、はずれにくいカーブやサイズの選定が必要です。

このあたりのフィッティングはベテランのフィターにお願いしましょう。最近の若いフィッターは、そもそも難易度の高いハードレンズのフィッティング経験が少ないです。

不正乱視の人の場合、自分の眼の状態をしっかりと把握されていると思いますがコンタクトを使って異常を感じた場合には、すぐにかかりつけの眼科医の診断を受けなければなりません。

というのも、凸凹のある角膜ですので、部分的にレンズが接触して角膜表面に傷ができやすい可能性があるからです。