カテゴリー別アーカイブ: コンタクトレンズと水泳

コンタクトレンズと水泳1



一般的にソフトコンタクトレンズはスポーツに対して適応と言われています。

サッカーやバスケットボールのような球技にも、追随性がよく視力を確保できるので、よくお勧めします。

逆にハードレンズはソフトレンズに比べて急な目の動きに追随できずはずれやすい性質があるためお勧めしていません。

スポーツに適応しているソフトレンズですが、残念ながら水泳には非適応です。もし、完全にゴーグルで覆われ、塩素たっぷりなプールの水が目に全く入らないのであれば、問題はありませんが、そんな可能性はゼロですよね?

各メーカーの公式見解でも、水泳には非適応となっています。一部販売店でOKと言っている所がありますが、訴訟沙汰になったらどうするのでしょうね?

それでは、水の中でコンタクトレンズは、どうなるのでしょうか?

まずは、ハードコンタクトレンズです。

もともと眼の表面にくっついているわけではなく、眼の表面に膜を張っている涙に浮いています。当然ながら、水中でコンタクトレンズをつけたまま眼を開けると、一瞬ではずれます。水中ではずれたコンタクトレンズなんて探すことはできませんよ!

友人に「ゴーグルをして泳ぐから大丈夫」と豪語して、みごとにプールでなくした人がいますが後悔先に立たずで、一瞬にして数万円を失ってしまいました。このような例は枚挙に暇がありません。逆説的にいうと夏はコンタクトレンズショップにプール特需があります(汗)

上記のように、ハードレンズは水泳に対して非適応ですので使用しないようにしてください。

~つづく~